大阪 税理士/税理士事務所フォークライアン(大阪府 大阪市 中央区)/税務調査、共に戦います。

税務調査を恐れることはなにもない



税務調査とは

会社を経営してると、税務署が正しい税金の処理をしているかどうかを確認しにくるのが税務調査です。基本の税務調査というのは任意の調査であり、強制ではありません。マルサというのをお聞きになったことがあると思いますが、これがまさに強制調査であり、令状をとってからきているのでなんでもやりたい放題されるというものです。(やりたい放題という言葉はいい過ぎかもしれませんが)
3年に1回くらいくるのが一般的と考えられていますが、10年たっても調査がこないことがあれば、設立して1年で調査が行われることもあったりします。

税務調査における税理士の役割

税務調査の立会いを税理士がするのは基本多いですね。お客様と顧問契約を結んでいると自然とそういう流れになります。
今までに税務調査を経験してきたお客様に税理士がどんな対応をしたのかを色々と聞くこと以下のような対応みたいです。。
いい税理士さんは、お客様の立場に立って真剣に税務調査に立ち向かってくれ、とことんまでお客さんのために戦い続けてくれるとのこと。
こういう税理士さんは同業として、またそういう気持ちを持ってる当事務所としても誇りに思えます。
ただ、税理士によってはこんな税理士もいるみたいです。
・税務署からの指摘をすべてハイハイと受け入れ、なんなら正しく処理してることすら難癖をつけられハイハイと対応する
・お客様を守る立場であるにもかかわらず、税務署側に立ちお客様を問い詰めたりする(もちろんお客様がありえない処理をしている場合は別ですが)
・税務署からの税務に対する質問にわけのわからない回答をする
極端な例なのかもしれませんが、本当にいるみたいです。
お客様から何のための報酬をもらっているんでしょうかね・・・

税理士事務所フォークライアンの対応

税理士事務所フォークライアンはお客様の立場に立ち、お客様の気持ちを受け止めながら対応いたします。
税務上の見解の相違などで税務署側ともめることとなれば、国税不服審判所にもいきますし、なんなら裁判まで求めるなら裁判まで行く。お客様が求めるならば・・・

フォークライアンは常にお客様が求めるものを提供させていただきます。



税理士ならフォークライアンまで
     

税理士事務所フォークライアン

〒541-0059
 大阪市中央区博労町1-7-7
中央博労町ビル501

:06-6484-6989
e-mail:forclien@gmail.com







会社設立

代表税理士のブログ

日本政策金融公庫の融資

認定支援機関

相続専門家チーム


マスメディア出演情報一部