大阪 税理士/税理士事務所フォークライアン(大阪府 大阪市 中央区)/税務調査、共に戦います。

税務調査を恐れることはなにもない



税務調査とは

会社を経営してると、税務署が正しい税金の処理をしているかどうかを確認しにくるのが税務調査です。基本の税務調査というのは任意の調査であり、強制ではありません。マルサというのをお聞きになったことがあると思いますが、これがまさに強制調査であり、令状をとってからきているのでなんでもやりたい放題されるというものです。(やりたい放題という言葉はいい過ぎかもしれませんが)
3年に1回くらいくるのが一般的と考えられていますが、10年たっても調査がこないことがあれば、設立して1年で調査が行われることもあったりします。

税務調査における税理士の役割


税務調査の立会いを税理士がするのは基本多いですね。お客様と顧問契約を結んでいると自然とそういう流れになります。
今までに税務調査を経験してきたお客様に税理士がどんな対応をしたのかを色々と聞くこと以下のような対応みたいです。。いい税理士さんは、お客様の立場に立って真剣に税務調査に立ち向かってくれ、とことんまでお客さんのために戦い続けてくれるとのこと。こういう税理士さんは同業として、またそういう気持ちを持ってる当事務所としても誇りに思えます。
ただ、税理士によってはこんな税理士もいるみたいです。
・税務署からの指摘をすべてハイハイと受け入れ、なんなら正しく処理してることすら難癖をつけられハイハイと対応する
・お客様を守る立場であるにもかかわらず、税務署側に立ちお客様を問い詰めたりする(もちろんお客様がありえない処理をしている場合は別ですが)
・税務署からの税務に対する質問にわけのわからない回答をする極端な例なのかもしれませんが、本当にいるみたいです。お客様から何のための報酬をもらっているんでしょうかね・・・

税理士事務所フォークライアンの対応


税理士事務所フォークライアンはお客様の立場に立ち、お客様の気持ちを受け止めながら対応いたします。
税務上の見解の相違などで税務署側ともめることとなれば、国税不服審判所にもいきますし、なんなら裁判まで求めるなら裁判まで行く。お客様が求めるならば・・・

フォークライアンは常にお客様が求めるものを提供させていただきます。


     
   税理士事務所フォークライアンは「仕事、価格、結果」全てにおいて納得をお届けします。はちきれんばかりの若さとみなぎるやる気で大阪の税理士の中で最高のコストパフォーマンスを発揮します。














   「税金の仕組みはわかりにくい」
よくお客様からお聞きします。確かにわかりにくいのです。ただわからないといってそのまま放置していてはいけません。
フォークライアンはとてもわかりやすく、言葉を変えるならば
「カジュアル」
にしてお客様にお伝えします。若さとしゃべりやすさで大阪一わかりやすい税理士事務所、目指します。







顧問料をすぐに判定したい方はコチラ


はお客様が望むことを実現します』
   

よくお聞きします。なのではっきりとわかりやすいように税理士顧問料を設定しました。「お客様が求めるものが多ければその分顧問料は高くなる。求めるものが少なければ顧問料は安くできます。」
求めるものが多いということは税理士事務所の手間がかかり、その分人件費もかかるということですのでもちろんその分,顧問料は高くなるという理屈です。
ですので双方納得の上の顧問料を組み立てるのがいい関係を築ける第一歩だと考え、オーダーメイド顧問料なるものをご準備しました。
大阪の若い税理士事務所をぜひお試しください。
 



   税理士に求められるもの、それは税理士が今までに蓄積したノウハウだと考えます。


     

  

   税理士の質問に対する答えが適当である。
税理士が税金に関し得意、不得意あるのを感じる。
税金全体で見てくれているのか心配だ。
税理士に支払う報酬等の内容が不明だ。何が顧問料を構成しているのか。
もっと税理士に対して支払う顧問料の種類はないのかなど。
税理士事務所フォークライアンは全てのお客様の疑問にお応えします。
顧問料も内容を明確化しており、またお客様が選ぶサービスのみを提供する
「オーダーメイド顧問料」も実施しております。
しゃべりやすさもNO.1を目指してします。
それ以外にもお客様が望むものなら何でも取り入れていこうと考えております。
お客様に喜んでもらう仕事を提供する。それが税理士事務所フォークライアンのモット―ですから。
大阪の税理士界に新しい風、吹かせてみます。